椿油から作った石鹸を試しています

 

 

 

繰り返しになりますが、

椿油の歴史はとても古く、
続日本紀には、777年、渤海国使が帰るときに
海石榴(つばき)油を所望したので贈った、との記述があるそうです(by Wiki)。
*『続日本紀』(しょくにほんぎ)は、平安時代初期に編纂された勅撰史書。


さて、古来日本において毛髪補修成分として珍重されてきた椿油に
なぜ、椿油が注目されているのでしょうか?


それは、椿油が、酸化されにくいオレイン酸を比較的多く含むため、
固まりにくい性質を持つためです。
ちなみに、椿油100gの中に、オレイン酸が約50g含まれるそうです。

オレイン酸は皮膚刺激性が少なく、
クリームやローション等の化粧品の原料に多く用いられています。

椿油が注目される理由はこれですね、

皮膚刺激性が少ない!!

  

そして、次のような特徴も椿油はもっています。

水分蒸発抑制効果
  髪に必要な水分をのがさず、しっとり感が長続きします。

・ 紫外線防御効果
  紫外線(UV-B)をカットして髪の主成分であるタンパク質の変性を防ぎます。 


そんな椿油の特徴を生かしたものが、椿油から作られた石鹸です。

 

ご存知でしたか?

石鹸は動植物の油脂から製造されることを。

そうなんです、原料の天然油脂として主に牛脂とヤシ油が、
その他にもオリーブ油、馬油、こめ油やツバキ油など様々な油脂が用いられている。

当然、椿油からも製造することができますし、
椿油から作った石鹸は、椿油の特徴ももっていることになります。

そもそも、


石鹸は、界面活性剤であり、油や油を含む汚れを水に分散させる作用により
洗浄能力を持っており、細菌の細胞膜やウイルスのエンベロープを破壊するため、
一部の病原体に対して消毒効果を発揮するのです。

こんなことから、

いま、椿油から作った石鹸を試しています。

日本でも椿油は貴重なものになっていますが、

 

生産地としては、五島列島、利島、鹿児島などが有名ですね。

 

私が、選んだのは、古い歴史を持っている、五島列島の椿油から
作られる椿石鹸です。


長崎五島産椿油を使った、のんのか「まるごと椿石鹸」です。

 


NONNOKA まるごと椿石鹸

 

関連記事

  1. 椿油の使い方(毎日のヘアケア)
  2. 髪油でもある椿油は酸化されにくいオレイン酸を多く含む

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 椿油から作った石鹸を試しています

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://success.moo.jp/mt/mt-tb.cgi/576

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0