電動スクーターの価格と性能

電動スクーターの価格と性能


たしかに、2010年は電動スクーターがやばそう!

ハイブリッド自動車も人気だが、電動スクーターも
きっと、流行るにちがいない。

電動スクーターはガソリンモデルより走行コストが安く、
4分の1以下で済むといわれる。

エンジンや排気管がないので、メンテナンスがラク。

原付免許や普通免許の保有者なら誰でも乗れる。


さて、それでは、電動スクーターをいくつか紹介してみたい。


まずは、台湾のメーカーFREE POWER ENERGY製の「FREE POWER S500」。

車体サイズは全長1520×全幅650×全高985mmで、車重は40kg
定価は29万8000円と高いが、イー・キューブでは当日返却2400円で
レンタルを行っているようだ。

走行距離はフル充電で50km程度(カタログ値)。
正極にLiFePO4(リン酸鉄リチウム)を使うリチウムイオン電池で、
コバルトを使うタイプよりも低コストなため、電気自動車や
ハイブリッド車用の次世代充電池として注目されているらしい。


次に、カー用品メーカーのプロスタッフの電動スクーター「ミレット」

通常は電気で走り、急な坂道など力が必要な場面では、
足でペダルをこいでモーターを補助する。
1回の充電で約35キロ走行。1円分の電気で約3キロ走る経済性が売り。
価格は税込み15万6900円。電池は、鉛蓄電池ブロックが
2個(約 9キロ)で、家庭の100ボルト電源で充電可能。
1円分の電気で約3キロ走る電動スクーター。


なお、ヤマハ発動機は2010年後半、ホンダは2010年中に発売とのこと。

電動スクーター、おもしろそう!

関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 電動スクーターの価格と性能

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://success.moo.jp/mt/mt-tb.cgi/25

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0