汗腺トレーニングでよい汗サラサラに

汗腺トレーニングでよい汗サラサラに


体のニオイや汗で悩む人が近年急増しています。
人間関係が希薄となり、デオドラント志向の強い現代社会を
反映しているとの指摘もあります。

夏本番を迎えると、気になるのが汗、そしてにおいです。

汗には、「よい汗」と「悪い汗」があるようです。
「よい汗」はサラサラして蒸発しやすく、気になるにおいもありません。
「悪い汗」は、ベタベタして蒸発しにくく、いやな体臭の原因になりやすい汗です。

汗は、哺乳類が汗腺から分泌する液体で、塩分を含みます。
99.9%は水分で主に暑い時や興奮状態の時に体温を下げるために分泌されます。

トウガラシなどカプサイシンを含むものを食べた時にも発汗が促されます。
興奮したときの発汗は進化的には滑り止めの役割をしていたと考えられています。

汗自体は無臭ですが、皮膚に生息する細菌類が汗の成分を分解し、
悪臭を発するようになります。

最近、汗腺トレーニングで衰えてしまった汗腺の機能を鍛えて、回復させ、
「悪い汗」をかかないようにする方法が紹介されています。

汗腺を刺激するという意味においては、適度の運動を定期的に行うことは
大切ですが、入浴による「汗腺トレーニング」が最も効率的で簡単なようです。

 

 

関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 汗腺トレーニングでよい汗サラサラに

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://success.moo.jp/mt/mt-tb.cgi/27

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0