クエン酸と疲労回復


クエン酸と疲労回復


クエン酸と疲労回復の関係について調べてみました。

まずはクエン酸ってご存知ですか?
レモンやグレープフルーツといった柑橘類に
含まれる有機化合物で、化学式で表すC6H8O7。

難しい話を続けると、-COOHというカルボキシ基を
3個ほど持っている弱酸で、爽やかな酸味を持つことから
食品添加物として多用されているんですね。

重要なことは、このクエン酸が生体内では
クエン酸回路(サイクル)と呼ばれるシステムの
構成成分ということなのです。


クエン酸回路(サイクル)ってなに?

実はこのクエン酸サイクルとは、
食事から摂った糖質、疲労時に生成される乳酸、
そして、体脂肪などを分解し、エネルギーに変換する
サイクルなのです。(1937年にドイツの化学者
ハンス・クレブスが発見し、この功績により
1953年にノーベル生理学・医学賞を受賞)


このクエン酸回路によって、体内で効率の良い
エネルギーが生産され、またアミノ酸などの生合成に
係る物質も生産されているわけです。

したがって、「このクエン酸サイクルがうまく
回転していれば健康である」ということになりますし、
疲労回復には有効な成分となります。


そうなると、このクエン酸サイクルを回転させ、
疲労回復を図るにはどうすればいいの?

もう、おわかりですよね、
クエン酸を摂取すればいいのです。


実際、このクエン酸は各種サプリメントの成分として多用され、
クエン酸を摂取すると運動時に嫌気呼吸が起こらないために
乳酸が生成されず疲れにくい、とされています。

また、クエン酸ナトリウム・クエン酸カリウム合剤は
尿をアルカリ化させ尿酸の排泄を促進することから痛風に
代表される高尿酸血症の治療薬として処方され、
代謝性アシドーシスの治療にも使用されています。

クエン酸を含むサプリメントはいろいろと
ありますね。

関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: クエン酸と疲労回復

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://success.moo.jp/mt/mt-tb.cgi/30

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0