疲労時のタウリンの効能

疲労時のタウリンの効能

タウリンとは

TVなどでよく耳にするタウリンのこと、ご存知でしょうか?
疲労回復に良いと聞きますが、少し調べてみました。

タウリンは必須アミノ酸の一種で、疲労時の補給、特に目の疲れに必要な成分として
知られていますが、体内では合成されないため食事やサプリメントなど外部からの摂取が
必要不可欠となります。このタウリンが欠乏すると心臓の機能低下、視覚機能不全、
繁殖機能低下を引き起こす原因となります。

タウリンの由来

タウリン(Taurine)は生体内で重要な働きを示す含硫アミノ酸の一種で、
別名アミノエタンスルホン酸とも呼ばれています。



1827年にドイツの解剖学者、生理学者フリードリヒ・ティーデマンと
化学者のレオポルド・グメリンが、牛の胆汁中からタウリンを発見したもので、
タウリンという名前自体、ラテン語で雄牛を意味するtaurusに由来します。

タウリンはヒトの体内などで胆汁の主要な成分である胆汁酸と結合し、
タウロコール酸などの形で存在し、消化作用を助けるほか、
神経伝達物質としても作用します。白血球の一種である好中球が殺菌の際に
放出する活性酸素や過酸化水素の放出(呼吸バースト)を抑える作用もあります。
哺乳類においては肝臓、肺、筋肉などに分布し、とりわけ軟体動物、
特にタコ、イカはタウリンを多く含みます。
するめの表面に出る白い粉にはタウリンが凝縮されています。

 

タウリンの効能

タウリンには「体、細胞を正常状態で保つ作用(ホメオスタシス)」があります。
例として、血圧上昇に対する下降作用などがこれに該当する。
特に、肝臓に対して働きかける作用を持ち、大まかに分類すると
以下のようになります。

・胆汁酸の分泌を促成し、肝臓の働きを促す作用。
・肝細胞の再生促進作用。
・細胞膜安定化作用。

タウリンとドリンク剤

日本では合成品は医薬品扱いとされ、主に医薬部外品を含むドリンク剤の
主成分に使われていて、有名なものに第一三共ヘルスケアのRegain(リゲイン)、
大正製薬のリポビタンD、大鵬薬品工業のチオビタドリンク、武田薬品のアリナミンなどがあります。
中国ではドライシロップが小児向けの風邪の初期症状を抑える薬として使用されています。
レッドブルはタウリンを含んだ栄養ドリンクだが、日本では清涼飲料水として
発売しているため、アルギニンで代用されています。

関連記事


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 疲労時のタウリンの効能

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://success.moo.jp/mt/mt-tb.cgi/36

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0